『スーパーフォーミラ SF19 万博記念公園デモ走行 by Enjoy Honda』プチツーで行ってきました

SUPER FORMULA01 - 『スーパーフォーミラ SF19  万博記念公園デモ走行 by Enjoy Honda』プチツーで行ってきました

まあね、皆さん、滅多に見れないこのイベントの価値観を低く見すぎですよ

今回はバイクの記事ではないのですが、タンデムで行ってきたプチツーの貴重なイベントだったので紹介します。

2019年9月15日に万博記念公園でEnjoy Hondaイベントが行われ、フォーミラカーのデモ走行を見てきました。

当日は8時30分から配布されるMBSラジオの公開放送の整理券を、一応貰おうかとファミリーマート前に並んでみたけど、すでに予定枚数は無し。

三日坊主
三日坊主

同時に開催されていたMBSラジオのイベントは、「万博へGO!with MBS2019~世界とわになる大阪・関西~supported by たこ焼道楽わなか」と、とにかく長いネーミングです。

朝食も取らず行ったので、とりあえずファミマでおにぎりでもと入ったらレジが超混んでいた。ようやく精算を済まして、食べながら今日の観戦メインを何にするか作戦会議。

それにしても、何がこれ程の人気なのかと開園前に並んでいた人たちの服装からチェック。バイク乗りは少ない様子で、同じような服装をした若い女子達とあとはアニメオタク系。

そんなところから推測すると、どうやらMBSラジオで公開放送される出演者で「祭nein.」目当ての女子が多いのと、

matsuri9 300x255 - 『スーパーフォーミラ SF19  万博記念公園デモ走行 by Enjoy Honda』プチツーで行ってきました

声優の山本綾さん、伊波 杏樹さん、蒼井 翔太さん目当てのアニメオタクが多い様子なので、整理券があっという間に無くなったのだなとわかりました。

基本的にはEnjoy Hondaの方が見たいので、混み具合や各イベント開催時間を考えると、メインにするのはこれしかない。そう、フォーミラカーのデモ走行。

SUPER FORMULA02 - 『スーパーフォーミラ SF19  万博記念公園デモ走行 by Enjoy Honda』プチツーで行ってきました
この写真は、イベント開催5分くらい前のものです

間近で見る機会なんて滅多にないので、MBSの方は無視してとりあえず走行場所の下見を始めました。スタッフの方にどのように走るのかを聞いて「今日イチのメインイベントとして来ました」と伝えると、一緒に一番いいアングルを前日のリハーサルから考慮して教えてくれました。

で、超間近で見れる場所をゲット! と言っても、周りには誰もいません。う〜ん、人気無いのか?と思ったけど、どうせ後から混むだろうから、ここで1時間待つことにしました。

場所取りのせめぎ合い、人間観察大好き三日坊主のコーナー

トイレに行くために嫁さんを一人残し、プラプラとイベントの雰囲気を見ながら戻ってくると、何やら大きな声で話すおばさんメインの3人のグループが同じように場所取りのために参加してきた。

メインステージから見ての最内イン角は私達が抑えているので無理と判断した、どう見てもフォーミラカーという雰囲気では無いおばさんは、日陰になるアウト側に陣取ったけど、それでもインへの未練なのか中央あたりにあるコーンのそばを離れないポジション取り。

そこへ、30分ほど過ぎて若い夫婦と小さな子供を連れた4人組の方がやってきました。私と同じようにスタッフの方に聞いてどこがベストなのかを確認して、私達とおばさん達の間に入ろうとするけどおばさんは中央の境界線を譲らない。家族連れの若いご主人は、そのおばさんと背中合わせで、これも場所を譲らない。頑張れ!パパ。

いやいや、おばさん達、3人でその輪は大き過ぎるでしょう。少し譲ってその夫婦と小さな子供を入れてあげれば? 私と嫁は「最悪、子供が見えないなら前に入れてあげよう。でも、大人はダメだよ」と話してたのですが、おばさんはインを譲らない鉄壁の守備。

スタートまで、その二組の微妙な距離感を横目で見ながらおばさんの行動に興味津々でしたが、ここで若夫婦のお母さんが登場。可愛い孫のために少しでも前で見せてやろうと思うのがおばあちゃんの気持ち。

なんの躊躇もなくおばさんのインに入り込み、可愛い孫と最前列に。不自然な大きさの輪を作っていたおばさんはアウト側に押しやられあえなく撃沈となり、マシンはスタートします。

SUPER FORMULA SF19 by Enjoy Honda 全内容

本来ならスタートダッシュはもっと鋭いのですが、歴史ある公園の道路にゴム跡を付けてはいけないという、大人の事情でかなりゆっくりとスタートして加速していました。

それと、プラチック製の柵一つ隔てて観客に向かって走るなんて状況は、普段のレースでは無いのと、シビアなマシンを路面抵抗の低い道路で走らせるのはかなり難しい事だそうです。

しかも、当日は3回、翌日も3回行われるデモ走行の一発目ですから、緊張して遠慮した走りになった様子でした。

それでも、4気筒2000ccのスペックで550馬力以上というモンスターマシンは、スゲー排気音でした。乗ってみてぇ〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました