『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で

battery terminal - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で

さて、電気はどこから取りましょうか

DCソケット・USB電源・ナビ・ETCなど、皆さんは電源が必要になった時にどこから取っていますか。

よく見かけるのはヒューズから分岐する方法です。一ヶ所だけ電源を取り出すだけなら簡単だし、線を剥いたりカシメたりする必要もないので便利なやり方です。

fuse - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
エーモン ヒューズ電源

これ、ヒューズの電源が来ている方に線がついている端子を差し込んで使います。逆にするとヒューズ本来の役割を果たしません。

また、ヒューズには使用電流に対して余裕を持ったものが使用されてはいますが、実はここから直接分岐すると過電流が起きた場合などに思わぬトラブルを招くことも多いのです。なので注意が必要です。

私はこの方法で電源を取る場合なら、あくまでもリレーの電源を取るだけにして、本電流はバッテリーへ直接繋いでリレーONの時にだけ電気が流れるようにします。

というのも、リレーだけの電源を取るなら消費電力も極力少なく済みますし、バッテリーに直接、いわゆるバッ直が心配な方もリレーがOFFの状態には電気は流れないので安心です。

特に旧車のバイクの場合、一つのヒューズでまとめて対応しているケースもあり、そこへ割り込むと容量をオーバーする事もありますのでリレー電源の確保がオススメです。

我がYZF-R25の電源確保

私のバイクには、現在、様々な電気を必要とするアイテムが付いていまして、そのリストは

  • まず、盗難アラーム(常時電源あり)
  • DC電源(ACC電源)
  • USB電源(ACC電源)
  • 温度計・電圧計・時計(常時電源あり)
  • ホーン(車用に交換)
  • LEDブルー照明(ACC電源)
  • ETC(常時電源あり)
  • ドライブレコーダー(常時電源あり)
  • ヤマハMC電源サブハーネスキット(ACC電源)
  • グリップヒーター(ACC電源)
  • ヒートグローブ用電源(ACC電源)
  • バッテリー充電用端子

と、複雑なほど電源・配線を取っています。で、こうなるとですね、何が何の配線かがわからなくなるので素人配線図を書いて管理しています。

1 pdf 724x1024 - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で

配線図を実物で見ると、これ

●プラス側

1024x508 - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で

これが

これ

battery terminal - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
図面と逆でわかりにくいですが、
写真の左側のターミナルが常時通電している主電源で、右はACC電源です

●マイナス側

.png - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で

これが

これ

rear terminal - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
バッテリーターミナルに接続する代わりに端子を使ってます

見ての通り、とても複雑な仕様になっております。アイテムが少ない内はプラス・マイナス共にバッテリーに直接繋いでいたのですが、これが増えてくると端子のボルトがタケノコのように成長して上に伸びていくのです。

そして、そのボルトを緩めたり締めたりしているうちにバッテリー端子を破壊した経験があるのです。

battery - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
現状のバッテリーマイナス端子側
青い被覆線がマイナスをまとめている端子2極分

ボルトを止める端子が破壊されると溶接もできないし、万一、接触不良の状態が起きると火災が発生する可能性もあるので、こうなったら即、交換です。

で、バイクのバッテリーは車用に比べて非常に高いので慎重にならざるを得ない事から、端子台を使ってまとめる方法を思いついた訳です。

ご注意ください、あくまでも私流です

実際、このやり方が正しい訳ではなく、あくまでも素人工事なので皆さんは真似しないでください。

ただ、この配線でかれこれ17,000km走ってはいますが、接触不良・バッテリー電圧低下・突然の断線・ヒューズが飛ぶなんて事は1回もなく、走行中は電圧計で常にチェックしているのですが、14〜14.1Vはきているので特に問題はないと思います。

電気配線で一番怖いのは接触不良による火災の発生です。過電流でヒューズが飛ぶならまだしも、通電に問題がない状態で、走行による振動などで電気が流れたり、流れなかったりの状態だと本当に燃えます。

あと、配線加工でよくあるのがカシメ不足によって線が抜けてしまう事象です。カシメる事についてはこれはもう電工ペンチでないとできない作業です。ペンチでカシメて同じように出来上がったとしても強度が足りず、抜けてしまう可能性が高くなります。

emon penchi - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
エーモン 電工ペンチ

また配線を切るのにもニッパーなどではなく、専用のケーブルカッターの方がいいです。写真の物はダイソーで見つけた300円のカッターですが、これで十分。

cutter - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
新大阪ダイソーで購入 小さな店では置いてません

やはり、どのような作業にしてもDIYで行う限りは道具によって効率は変わりますし、仕上がり状態や強度も変わってくるので、用途に応じた工具を使い分ける事を強くオススメします。

最後に、三日坊主も参考にさせていただいている、電気に関するDIY情報サイトがこちらです。

https%3A%2F%2Fwww.diylabo.jp%2Findex - 『バイクのアクセサリー電源確保』スペースの無いYZF-R25ではこんなやり方で
DIYLabo/DIYラボ
車のドレスアップやカスタマイズに特化した、DIY&自作ハウツー情報サイト。自分の手で車いじりを楽しむDIYユーザー向け。パーツの付け方・作り方・加工方法といった専門的な情報を、プロへの取材活動をもとに独自に発信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました