失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

kyaripa03 768x1024 - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

DIY整備のきっかけ

失敗は成功への道です。私は、これまで車体カウルのボルトのトルクをかけすぎて折った事が2回。車体のどこかに落としたボルトが出てこないのが2件。バッテリーターミナルを折る事1件。そして、今回のエア抜きでやっちゃった件などなど、素人整備の試練なのか色々とバカな事をやっていますが、それでも経験は人を強くしてくれます。

そもそも自分で整備しようと思った事の始まりは、以前、DAYTONAマウントボルトを取り付けようと思った時にこの大きさのボルトを回すレンチが無かったので、顔見知りのバイク屋さんに寄ってこれを交換したいけどサイズが無い。と甘えて純正ボルトを外し、デイトナのボルトを締めてもらったのですが、これが手トルクでやられた訳です。

DAYTONA - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

え〜、ハンドルトップって大事なところなのに、それを手トルク? 

これを見てしまったためにバイク屋さんを信用できなくなりました。例えばスプロケットとチェーンの交換をお願いしたとしても、せっかく外したのに清掃まではやってくれませんし、グリスにしてもどんなものを使っているかわからない。

そう思い、それから自分でできる事はやろうと色々と整備道具を買い集めてやっていますが、その過程で致命傷なミスも繰り返しています。

そんな経験をお話しする事で、自分で整備をされる皆さん、また、これからやってみようと思う方にも、こんなところに注意していただければ役に立つのではないかと思い、恥さらしシリーズの「失敗は成功の元 DIY整備のオススメ」シリーズを始めました。

作業の基本的な部分は「バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。」との姿勢で、積極的に情報を開示してくださっているこのサイトで勉強しております。

http%3A%2F%2Fallmaintenance - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』
バイクのメンテナンス情報サイト オールメンテナンス | 全てのバイクメンテナンス情報を提供するサイトです。
全てのバイクメンテナンス情報を提供するサイトです。

で、電気に関する情報はこちら。

https%3A%2F%2Fwww.diylabo.jp%2Findex - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』
DIYLabo/DIYラボ
車のドレスアップやカスタマイズに特化した、DIY&自作ハウツー情報サイト。自分の手で車いじりを楽しむDIYユーザー向け。パーツの付け方・作り方・加工方法といった専門的な情報を、プロへの取材活動をもとに独自に発信しています。

皆さんも参考になさってください。

今回は、ブレーキフルード交換とエア抜きです。

ブレーキのエア抜き自体はそれほど難しくはありません。ABS車両は素人はやらないほうがいい。万一、ABS側のブレーキホースにエアが入った場合、専用の機械を使わないとエア抜きができない。

なんて、ビビる話もあるのですが、これはエア抜きの最中にキーを回して電源ONにしてしまうとABSチェックのために回路を開いてしまうためで、それをしなければ大丈夫?と自分で納得してやりました。

ブレーキフルードはブリードスクリューを緩めて抜きます。本来はキャリパーに付いたままなので写真のように外して見る事はOH以外ではありません。

breeder - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

で、このボルトのサイズは8mmで、オイルを吐き出すところは6mmです。なのでシリコンチューブは少し小さい5mmを用意し、その上で私は一方通行のバルブを間に挟んだ物を用意しています。

tube01 768x1024 - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

これをブリードスクリューの頭に繋ぎ、オイルの排出先をペットボトルなどで受けます。で、通常のエア抜きと同じように作業をして、エアが出なくなったらバルブを締めてチューブを抜き、注射器にチューブを繋いだものと交換します。

chusya 768x1024 - 失敗は成功の元 DIY整備のオススメ『ブレーキフルード交換とエア抜き』

そして、ブリードスクリューを緩めた時にエアが入らないように、先に左手に注射器を持って押子を軽く引き、チューブが負圧によって軽く潰れる程度のところで右手でボルトを緩め、一気に押子を引いてフルードを抜くと残った細かなエアが出てきます。

そして注射器の吸い込み負圧がかかった状態でボルトを締めて、またブレーキを何度か握って(踏んで)フルードを送りこみ、同じように注射器に負圧をかけた状態でフルードを抜きます。これを何度か繰り返すと完了です。

注射器を使う時はブレーキレバーを握る事ができないので、キャリパー内に戻ろうとするフルードを行かせないため注射器側で負圧(吸い込み)をかけています。

ほぼ完璧にエアが抜けたこの状態で通常のエア抜き作業をすると分かりますが、純粋なフルードしか排出されません。

エア抜きの自己流原理

エア抜きについては色々と解説をされているサイトがあります。スプレーポンプも試してみましたが、電気ポンプで一気に抜くのではなく、手で抜くのは私には難しくフルードをぶちまけました。結果、注射器が一番簡単でした。

で、フルードを交換する原理って何だろうと考えました。結果、交換は古いフルードを新しいもので押し出していく作業なので、バンジョーボルトを外した時に入り込んだエアが仮にかなり上に来ていても、要は、ブレーキホースの中にあるフルードを全て入れ替えればいいだけなんだと。

次々と新しいフルードを継ぎ足し、それをキャリパーへ送り、スクリューから排出させる。ただ、それだけの作業だと思うのですが、スクリューを緩めるタイミング、締めるタイミングがずれてしまうとそこからエアが入ってしまい、それがまた上まで行ってしまうと確かにいつまでもエアは抜けないんじゃないかと。個人的にそう判断しました。

そのためDIYでやる上では、その吸い込みをできるだけ防ぐために一方通行のバルブを使ってます。無いとフルードが行ったり来たりするので、その際にエアが入り込みやすくなってしまいます。

ブレーキを握る、リアは押すと硬くなって手応えがあります。この状態でスクリューを緩めるとフルードが排出されて一気に軽くなります。

この時、『抜けきる前にブレーキを緩めずにスクリューを締める』のがポイントで、抜けきると、要はホースとキャリパー内のフルードが足らなくなり戻ろうとする力が発生しますし、ブレーキを緩めてしまうと同様に引き込みの負圧によって、せっかく排出したエアが混ざったフルードをまた吸い込んでしまいます。

このタイミングのコツというか、作業自体は慣れればそれほど難しいとは思いませんでした。私は慣れるためにフルードを贅沢に使い、バンバン送り込んで練習がてらコツを掴みました。どうせ、フルードは残っても劣化しますので。

ですが、これらはあくまでも素人の経験による見解なので、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

これでフルード交換も済んでやれやれと思いきや、今回も致命傷的なミスは起きたのです…

コメント

タイトルとURLをコピーしました