バイクにこそ、ドライブレコーダーを装着しましょう!

『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか

BMW310 - 『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか

BMW G 310 Rを試乗してきました

本当はG 310 GSを試乗したかったのですが、あいにく乗れるのはG 310 Rしかなく、エンジン・シャシーは同じなので、そのフィーリングを試してみようとBMWディーラーへ行ってきました。

この車両の製造は、BMWが提携するインドの「TVSモーターカンパニー」が行っておりますが、生産技術や品質管理については、BMWの本社ミュンヘン工場と同じ手法を採用しており、同等のレベルを保っていると言われています。

そんなBMWの威信をかけた1台のバイク。どんな味付けがされているのか。東南アジアや南米といった「新興国」に向けたメッセージを感じるために、まずは乗ってみないとその味付けがわかりません。

現在の愛車とスペックを比較してみます

今回、試乗したG 310 Rは、普段乗っているR25とどう違うのか。また。単気筒と2気筒の違い、排気量の違いはあれど、エンジンの出力特性による街乗りの雰囲気がどうなのか。

そんな自分の感性を納得させるために、あえて比較してみました。

G 310 R YZF-R25
エンジンDOHC水冷単気筒DOHC水冷2気筒
排気量313 cc249cc
最高出力25 kW(34PS)/ 9,500 rpm26 kW(35PS)/12,000r/min
最大トルク28 Nm / 7,500 rpm23 Nm/10,000r/min
タイヤサイズ フロント110 / 70-17 ラジアル110 / 70-17 バイアス
タイヤサイズ リア150 / 60-17 ラジアル140 / 70-17 バイアス
車両重量159 kg167kg〈ABS車170kg〉
フロントブレーキシングル 4ピストンシングル 片押し2ピストン
リアブレーキシングル シングルピストンシングル シングルピストン
ETCETC2.0標準装備なし
ガソリンタンク11 L ハイオク14L レギュラー

G 310 Rはキャリパーがゴールドでラジアルマウントされていたり、フロントサスペンションは倒立式で、こちらもゴールド仕上げを採用しています。

BMW front - 『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか

ラジアルマウントされたブレーキと倒立フォーク

BMW rear - 『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか

ゴールド仕上げのリアブレーキキャリパー

こういった「パッと見て目に入ってくるところ」は高級感もあり、さすがBMWだなという印象です。

ただ、走りには関係ないけど気になる点が… クランクケースの「BMW」の刻印が、「どや! ビーエムやぞ」と言わんばかりに少しでかい。

同様に、フォントの関係なのか、文字がちょっと大きすぎるのか、なぜか安っぽく見えるディー・オー・エッチ・シーって、こんなところに要ります?

G 310 R BMW DOHC - 『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか

もし、このバイクを所有したら洗車の度、メンテナンスの度にこういったところに目が行くので、私なら毎回、気になってしまいますわ。

さて、走りの実力と印象は

単気筒と2気筒の違いもあるので、排気音についてはかなり好みが分かれると思います。ユーチューブやメーカーサイトで音を確認できるのですが、やはり、実車に乗ってみないとその質感はわかりません。

クラッチをつなぎ走り出してみると、車体がこれまた軽い。R25も軽いと言われているけどG 310 Rはそれより軽く感じます。アイドリング時には頼りなかった排気音も、回転数を上げるに従っていい音で唸ってきます。

で、普段と同じようなアクションとリズムで乗ってみると、回転数が上がるにつれての加速感が全く違います。馬力としてはそれほど差がないにも関わらず、「フロント浮くんじゃないの」と思えるほど押し出されていく感覚。

回転数で加速していくR25と違い、馬力で劣るG 310 Rがトルクで5 Nm上回るだけで、これほど加速感に違いが出るのかと正直ビックリしました。

車体の軽さとエンジンレスポンスの良さで、街中ならクイックにどこからでも加速して走れるバイクでした。

本当に乗りたかったのはG 310 GSなんですが…

G 310 GS - 『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか

この、グラマスな車体に憧れます

実際に跨らせてもらいましたが、フロントとリアのサスペンションのストロークが増えて、フロントタイヤのサイズもアップした事によりG 310 Rではベタ足だったシート高が、かかとが上がるほどの違いが出ます。

エンジンは同じなので走行性能に差はないのですが、実車を目にしたら、やはりこのG 310 GSの方がコスパ的にもいいバイクだと思ってしまいます。

現在、我が家では購入に向けて嫁さんを説得中です。

にほんブログ村 バイクブログへ

BMW310 150x150 - 『BMW G 310 R 試乗』インド生まれのこいつは、乗る者に何を感じさせてくれるのか
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レビュー
タンデム バイクをフォローする
Tandem 819

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました