バイクにこそ、ドライブレコーダーを装着しましょう!

ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

az aqua - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

樹脂パーツの艶がなくなってくる

塗装の部分はそんなに気にならないのですが、黒い樹脂パーツは経年劣化して白っぽくなってきますよね。よくあるのはスクーターなどの足下など真っ白になっているのを見かけますよね。あれです。

白っぽくなってきたヤツを補修するためにプレクサスとか、

エーゼットのバイクウォッシュなど、

洗浄と艶出しを同時にできる物もあるのですが、このどちらも使ってみて思うところはギトギトした光沢ではなく、しっとりとした黒を引き出してはくれます。

でもその時はいいんですが、日にちが過ぎる中で雨風と日光に晒されていくと、知らぬ間に徐々に白っぽくなってくるのです。

この症状はカー用品専用の艶出し、例えばKUREのスーパークレポリメイトのようなものだともっと顕著に出て、成分が水分によって溶け出しムラになり色あせの原因となるように感じます。

なので、車内のダッシュボードなど、雨風にさらされないところなら大丈夫なんでしょうが、バイクは環境が厳しいので注意が必要です。

cure 439x1024 - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

このコーティング剤は知らなかった

SNSでたまたま見かけた、ガラスコーティング剤がまあ良いよというコメントに惹かれAmazonで検索したところ、エーゼットながら評価が良いではありませんか。

というのも、私はオイルやケミカルのほとんどをエーゼットで購入してまして、コスパの良いところを皆さんにお伝えしてきているのですが、マイナーゆえに評価が上がりにくいので星4つはあまり見た事がない。

値段もそんなに高くないし、バイクウォッシュもどうかなと思っていたので早速購入しました。

まずは、試しにそのままの状態で

az front - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…
az rear - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

写真ではわかりにくいのですが、プレクサスやバイクウオッシュのようなムラは出にくく、何度か重ね塗りをして刷り込むようにすると、そこそこ納得の漆黒の輝きが出ました。

ですが、強い日が当たると以前の白ムラが若干見えてきます。後は、日にちが経ってどうなるかです。

今回、少し白っぽくなっているところへ水洗いして乾燥後にやったので、ちょっと納得がいかない部分もあってそこそこと評価していますが、やり方によってはもっと良い仕上がりになる可能性は感じます。

ゲキ落ちくんで擦り倒してみた

遠い記憶に、スクーターの樹脂を復活させるという記事でゲキ落ちくんが一番効果があったとかというのを思い出し、まあ、そこそこ白くなってきているので思い切って擦ってやろうと試しました。

R25の黒い樹脂パーツは、特に目につくところで言うと合計で10カ所あります。

フロントタイヤのすぐ後ろ、ラジエターの下の部分にあるアンダーカウルを繋ぐところにも黒いパーツがありますが、まあ、ここはあまり目立たないので今回のコーティングの対象とはしていません。

で、やるなら徹底的にと、カウルを全て外してパーツごとにゲキ落ちくんで擦ってからガラスコーティング剤を塗り込んでみました。

coating05 - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

で、ちょっとビビったのがフロントカウルのところです。

メーターとハンドルを囲むようにして取り付けられている、フロントカウルの中で一番目につくところのパーツです。

この樹脂素材だけツルッとした仕様となっていて、ゲキ落ちくんで擦ると鮫肌のようになって艶がなくなります。リアシート後方の樹脂も同様の仕様で擦ると艶がなくなります。

大丈夫? と不安になりましたが、コーティング剤を何度か塗り込んでいくとキレイな艶が出て、しかも、雨にも日光にも強い! 施工して1ヶ月ほど経ちますがムラは出ていません。これは初めての経験です。

プレクサスやバイク用ウオッシュだと、その時は良くても雨が降って日光にあたると徐々に白っぽくなってきたのですが、このコーティングは強いと感じました。

あと、サイド側のカウルの樹脂は仕上げというか、材質が違うのか、少し艶消し的な質感でゲキ落ちくんで擦ってもあまり変化しません。なのでコーティングしても、びっくりするような仕上がりにはなりません。

coating07 - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

シート下のパーツは少し柔らかく、プラスチックなのか樹脂なのか素材が全く違います。このパーツに関しては、日に焼けようが、雨にさらされようが色むらは出ず、どのコーティング剤を使ってもキレイに艶が出ます。

coating08 - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

素材の配合によっては、白濁しやすい樹脂がありますね

coating03 - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…

シートから出ている配線はバッテリー充電用のものです

ヤマハのマークが入っているところも白濁しやすく、リアフェンダーも同じです。

ただ、両者は素材が違い、マークのところはフロントカウルと同じ素材のようですし、フェンダーやナンバーのところは、初めから少しマットな仕上がりになっています。

まあ、ざっとこんな感じなのですが、各パーツは強度や柔軟性の必要性によって樹脂が違うという事を初めて知りました。なのでメーカーが違えば樹脂の仕様が違うでしょうから、ゲキ落ちくん効果が出るかはわかりません。

私的には、ゲキ落ちくんで擦って艶がなくなった瞬間、失敗したと思いましたが、1枚むけたところにガラスコーティングできたので結果は良しとします。

皆さんもゲキ落ちくんをチェレンジする時は、目につかないところで試してビビりながら自己責任でやってみてくださいね。

にほんブログ村 バイクブログへ

az aqua 300x300 - ギャー! 樹脂パーツの艶がなくなってきたのでゲキ落ちくんで擦ってみたら…
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
アイテム
タンデム バイクをフォローする
Tandem 819

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました